FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクガフィンで輪るピングドラム

『輪るピングドラム』におけるマクガフィン、というのは、実はよくできた多層構造なんじゃないかなぁとかちょっと思いました。ということで、以下。

マクガフィン



まず「マクガフィン」とは何かという話ですが、基本的には「なんでもいい」のです。なんでもいいんだけど、重要なもの。たとえばスパイ映画なんかで、敵対する国のスパイ2人が、重要なモノが入っているアタッシュケースを取り合うストーリーがあったとします。この場合、そのアタッシュケースの中身が「マクガフィン」と呼ばれるもの(に成り得る)。
「重要な」アタッシュケースですが、その中身は、実はなんでもいいわけです。国家機密でも、新兵器でも、金銀財宝でも何でも構わない。”アタッシュケースの中身がスパイたちが争うに足るほど重要である”という前提が維持されるのであれば、その中身は問われない。前提の方が先にあり、その実際の中身は、(このスパイ同士が争うというストーリーにおいては)問われていないわけです。
さらに言うと、アタッシュケースの中身は、実は大事でも何でもない、おもちゃとかお菓子だったとかいうオチでも可能なわけです(もちろん、作中でおもちゃとかお菓子だったというオチを披露してしまったら、おもちゃやお菓子を巡って争うというギャグ作品になってしまう危険性もあるわけですが)。

それが物語を廻す重要な存在でありながら、「それの中身」は問われていない。他のものに置換可能である。それが「マクガフィン」。

ここまで(第5話まで)のところ、『輪るピングドラム』に言葉としてだけ登場する「ピングドラム」というのは、まるで典型的な・古典的なマクガフィンのようです。それが重要であると語られ、それが重要であると前提付けられ、それを巡り物語が廻るのだけど、その中身自体は現時点では問われていない。「ピングドラム」の正体が苹果の持つ日記でも、他の何かでも、そこは現時点ではそれほどクリティカルではない。ピングドラムが重要で、ピングドラムを手に入れるというのが先にあり、だからピングドラムを手に入れる・あるいはそれにかなり近づくまでは、ピングドラムの中身そのものはさほど問題には上がらないのです―――あくまで第5話までの話ですが。

要すると、「内実が問われていないが重要であり、それを巡って話が進むもの」というのが、ざっくばらんに言った所の「マクガフィン」なわけです。

これは別に珍しい話ではありません。「マクガフィン」というのは、あるいはそれに順ずるものは、色んな物語に幾らでも登場します。最近のアニメでいえば『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』の(序盤~中盤における)「めんまのお願い」とか、『Angel Beats!』における「神」の存在などは、マクガフィン的な機能を果たしていたと言えるでしょう。『けいおん!』における「楽器」をマクガフィンのようなものだと言ってる人も確かいました(リンク貼ろうかと思ったけど何処で見たか忘れちゃった)。最後のそれはちょっと色合いが違って、むしろ「マクガフィン=対象a」的な意味が強いかもしれません。

マクガフィンは、精神分析を用いた映画評なんかでは(つか主にジジェクで)「マクガフィン=対象a」みたいにも扱われます。どういうことかというと、あくまで、あくまで簡単に言うと、「幻想を与えやすい」ということです。「マクガフィン」というのは、「内実が問われない」「しかし重要」という性質を持ち合わせた機能であり、だからこそ「対象a」として、そこには勝手な幻想が投影される。それは勝手な幻想でありながら、マクガフィンの性質上そうであるように、「重要なもの」として取り扱われる。その上当事者にとっては、物語の行く末を―――つまり彼ら自身の行く先を導く対象でもあるわけです。
もっとも分かりやすいのが先にも挙げた『Angel Beats!』でして、ゆりっぺは「神を探し出して神に復讐する!」と意気込んでまして、その為に天使と戦ったり学園で暗躍したりしていたわけです。もうみんな覚えてないかもしんないですけど、『AB!』は「神への復讐、その最前線」というキャッチコピーよろしくに、当初「神」にゆりっぺたちが戦いを挑もうとしている、というストーリーの流れでした。神がどんな存在なのか・本当にいるかどうかも分からないのに、「自分の運命を定めた奴が神」であり、そいつが許せないからそいつを探し出す、という目的で行動している。その為にも天使なんかと戦っている。ここにおいて「神」というのは、ゆりっぺにとっては重要で・しかし中身のない存在なわけです。そうだからこそ、「自分の運命を定めた奴が神」であり、「そいつが居るはず(=つまり復讐する対象が居るはず)」という幻想を、その神に投影できていた。
「神」という姿形も見えない・居るか居ないのかすら本当は定かではない(とはいえゆりっぺは「居るものだ」と根拠も無く確信していましたが/そうでなければ対象aになりえませんが)、そのような存在に、「そのもの以上の幻想」を抱く。そういった「対象a=マクガフィン」。いやもしかしたら、構図はむしろ逆で、そういう幻想を抱いたからこそ、それがマクガフィンになったのだと言えるのかもしれません。自分が求める幻想を、何かに付与することにより、それを追い求める、というこの形式は。ちなみに『AB!』に限らず麻枝准さんの話って、よく考えると「対象a=マクガフィン」的なるものが頻出だったりしますね。


さて『輪るピングドラム』においては。
本作のキャラはあまり単純に幻想を抱かない、というか、ぶっちゃけると情報開示が曖昧すぎて何処からどこまでが幻想で何処からどこまでがそうでないのかの区別が付きづらいとかそういう点もあるのですが。てゆうか、言おうと思えば、この作品ってかなりの部分がマクガフィンだとか言えちゃうんじゃね?
たとえば「ピングドラム」に対し、冠葉は「妹を救うために重要で必要なもの」という認識を抱いています=幻想を抱いています。もちろんそれは、ペンギン女王バージョン陽毬がそう言ったからであり、ピングドラム自体がどうこうな力を持っているとまでの幻想を抱いていないかもしれなくて、つまりよく分からなかったりするのですが。ただ、昌馬と冠葉では、犯罪を犯そうと何をやろうとピングドラムを手に入れようとする冠葉と、あくまでそこまでではない昌馬という風に、それぞれがそこ(ピングドラム・ひいては女王陽毬(の言葉))に抱く幻想が異なる、という点が対称的に描かれてはいます。
あるいは陽毬の「ペンギン帽子」という、正体不明で重要そうに描かれてるけど、実は本当に宇宙生命体かもしれないし、けれど実は本当にただの帽子かもしれないという、存在の機能だけなら(作中の彼らにとっては)マクガフィンと同質であるコレに対する態度とか=つまりペンギン帽子に抱く幻想とか。特にこの第5話では明確に描かれてもいたでしょう。「宇宙生命体」という幻想を見て、つまり「宇宙生命体」として、忌避や違和感や不安感を抱く昌馬。あくまでも「陽毬のために」、つまり「陽毬のためである」という幻想の元、必死に取り戻そうとする冠葉。ただの帽子じゃんいらなーいと、何の幻想も抱かず、だから重要でも大事でもなく捨ててしまう苹果。それぞれが、その幻想を投影できる器=マクガフィンに、どのような幻想を投影するか・しないか、というのが描かれていた。

makuga004.jpg
makuga003.jpg
makuga001.jpg



で、ここまでは別に普通の話でして、他の作品でも普通にあるんですが、実は視聴者という階層において「演出」というものが、「マクガフィン=対象a」的な機能を果たしているんじゃないかなぁとか思いまして。


演出=もう一つのマクガフィン的機能



視聴者にとっての、この作品の演出というのは、実は「マクガフィン=対象a」の式と同じ・あるいは似ているんじゃないかな、とか思うのです。

つまり、「重要」であろうと思われるけれど、「どんな中身なのか分からない」。しかし重要であるということは分かっていて、その重要さは、その中身を、今見えているもの以上のものであると期待させる=そういった幻想を抱かせるアガルマ。


pingu02_005.jpg
makuga002.jpg

この作品の演出(デザインなんかも含んでですけど)は「分からない」ことが多い。
たとえば、なんで生存戦略のイリュージョンが、「あのような作り」なのか分からない。なぜ改札をくぐり、星みたいなところに辿り着いて、ロケットみたいなのがレールの上を走って、ピンクな色使いの空間で、何か記号とかがホログラム的に後に流れていて、白と黒二対のロボットみたいなのが出てきて、それが接続されて、中から女王陽毬と昌馬たち呼ばれた対象者が出てくるのか。”なぜこのような作りであるのか”。これらに意味が無いとは思えない。何故なら現時点では必然性が想定できないが、必然性が無いはずがないような作りであるから。これらに意味がある。”なぜこのような作りであるのか”、その答えは確かにあるはずだろう。つまりこれらの演出も設計も、一つの思想の基に導き出された結実である筈であって、だからこれらの演出も設計も、意味があり理由がある筈である。今見えているもの以上の「なにか」―――その「なにか」を埋めるべく必然性を持った、意味が・理由が、必ずある筈である。

そういったマクガフィン=対象aみたいなものが、本作の演出にはあるのではないでしょうか。

だから、よく耳にする、「『輪るピングドラム』の演出がよく分からない・理解できない」みたいな意見はある意味、正しいのではないだろうか。分からなくていい。分からないところに対象aがある。つまり視聴者における対象aみたいに、この演出、その分からなさ=内実の問われなさ=けれども重要であるというこの構図に、幻想を抱けるということ(いや勿論、決して本当に対象aではないのだけど、アガルマのような幻想を抱ける幕になっているという点においては同じである、似ている、ということで)。
そしてそれは、演出の意義として一つの正当に至っている。つまり、「そのもの以上の何かという幻想」を抱けること、それが対象aであり。そして演出というのは、単にあるがままを描くのではなく、対象を「そのもの以上の何かとして描く」こと、それが演出の一つの正答ではなかっただろうか。

随所に描かれるペンギンのマークとか、目を惹く画面の色使いとか、ペンギンの行動が(たとえば第5話のゴキブリのとこがそうだったように)昌馬たちの心情やら何やらをなぞってるような暗喩しているようなところとか、電車内の思わせぶりな中吊り広告とか、モノローグと共に星が画面内を流れる演出とか、エトセトラエトセトラ……

エピソードが進めば、それらの正体も分かってくるかもしれませんが。現時点では定かなりません。しかし、「分からないけど意味がありそう」=「内実が問われていないけれど重要」という、マクガフィン=対象aのような、この演出の構造こそが、普通に「理解できる演出」よりも、よっぽど大きな効果をもたらすのではないだろうか、とか思うのです。


スポンサーサイト

Hyper→Highspeed→Genius(2011、ういんどみる)

Hyper→Highspeed→Genius 初回限定版Hyper→Highspeed→Genius 初回限定版
(2011/06/24)
Windows

商品詳細を見る


利点と欠点。長所と短所。サイトウケンジさんってその辺が超くっきり現れるライターさんなんじゃないかなと思うんですよね。だからこそ好き嫌いがはっきり分かれてるんじゃないだろうか。たとえばよく指摘される、主人公マンセー時空、主人公マンセー空間。とにかく主人公が持ち上げられるその描写は、”たとえその持ち上げが妥当なものであっても”(つまり主人公がそう持ち上げられるだけのことを為したり、そのくらい良い人だったりしたとしても)、ある種の気持ち悪さを孕むことは否定できない。そんな欠点、短所。しかしそれは、主人公がそう持ち上げられるに足るほどに実際素晴らしいという証左であり、またヒロインたちもそれだけ主人公のことを思ってくれる(決して自分が自分がの自己中ではない的な)という証左でもある。つまりキャラクタたちが実際にどういう人物なのかということを証明している。そういう利点、長所。

つまり裏表でもあるわけです。主人公がチヤホヤされるというハーレム的状況は、彼ら彼女らの人物像を作中世界に現前化することによって確立させる手法であるけれど、またそれだけで快楽を持つけれど、しかしその明け透けさが気持ち悪さも孕んでいる。都合の良さが丸出しなんですけど、しかし丸出しゆえに嫌悪感を醸し出したりもする。たとえば本作もそうですが、『青空の見える丘』とか『あかね色に染まる坂』とか『祝福のカンパネラ』とか……要するにサイトウケンジさん作品で基本的に採用される「ヒロイン視点」なるものの存在、あれは実はヒロイン視点でありながらもヒロイン視点ではないのです。どういうことかというと、結局「ヒロイン視点」として語られますけど、そこで語られている内容はほぼ全て「主人公に関すること」なのです。もしくは「プレイヤーが知りたいこと/(物語の都合上)知らせておくべきこと」。語られるキャラクタは”彼女”ですが、語られる内容は彼女ではなく”主人公(プレイヤー)”(の知りたいこと)。つまり、視点はヒロイン視点なのだけど、知覚は主人公(プレイヤー)のものであるかのよう、ということです。こういった手法にはプラスもあればマイナスもある。ヒロインが主人公中心主義的に考えすぎている(かのように描写されている)ことそのものがある意味気持ち悪いというマイナスがあるし、けれどこういった面には、余所には無い一体感が存在するというプラスもある。

えーと、つまり。
個人的にはサイトウケンジさんに対しては愛憎半ばだなーと。好きなんだけど嫌い。嫌いなんだけど好き。なんとも、かんとも。しかしこの『HHG』に関してはぶっちゃけ悪い面が結構出ていたかなぁと個人的には思ってしまって、そもそもこの人のシリアスはあんま面白くない(←身も蓋もねえ)っつう部分がありまして、いや、『青空の見える丘』とか超傑作なんですよ、あれシリアスが殆ど無いから。それに比べ『あかね色』の何たる体たらくさ……。んで『HHG』もシリアス多めなんですが、その辺がどうもなーと。
てゆうか根本的に問題なのは、主人公が頭良い設定なのにあんまり頭良いように描かれていないというところ。もうちょい正しく言うと、ポジション的にどうしようもない。そういうポジションにしてしまったのがおかしい。たとえば光理とか、カエデさんや姫乃など、主人公と同等かそれ以上に頭が切れるキャラとして描かれている。しかも主人公はしょっちゅう取り乱して冷静さを失うのに(※「冷静さを失ってるときは高速思考は使えない」という要件を満たすためと思われる)、彼女たちは基本的に冷静で、主人公みたいに簡単にはうろたえたりテンパったりしません。つまり、彼女たちの方が遥かに優秀かのように描かれてしまっている。実際的に使える思考能力としては、彼女たちの方が優秀、実践的。だから主人公が頭良い設定なんだけど、周りの人の方が優秀なんじゃねってくらいなので、とても主人公の頭が良いようには見えないわけです。たまーに頭の切れる策とか出すシーンはありますけどね。

とはいえ。この物語は、ある意味「限界を越える」とでもいうような意思の物語である以上、それはそれで正しいと言えるのかもしれません。「普通の人間」が無理矢理に「守護者」の能力を手に入れる(守護者と同等の能力を手に入れる)という限界突破。半ば確定した未来に抗う、という個別シナリオの各EDのように。

メフィスト「無限に考え続けられる力。可能性を打ち破ることが出来る力。最も可能性に満ちた力――」
メフィスト「君の、真の可能性。『光速思考』が欲しいんだ」





あと、本編には関係ないけど、これ笑ったw


a_hhg003.jpg

テキストウインドウの所為でマッパみたいに見える。さすがユリウスさんw

ANGEL TYPE(2005、minori)


「独特な雰囲気の作品」とよく言われますが、それも然り。ひとりの人間の内実を雰囲気として具現化すれば独特になるのは明白で――――

ANGEL TYPEANGEL TYPE
(2005/03/25)
Windows

商品詳細を見る



実は何も語ることが無い作品。

絵といい音楽といい、作品全体に漂う静謐感が素晴らしいです。いやそもそも、人と関わり合うことを拒否した主人公がそれを願っていて、それを心がけているのだから、ある意味その静謐は必然であって、つまりこれらは、彼の心象風景と彼の心象音楽によるもの、まるでそのようである。

そこが魅力で、そこが嫌で、そこが恐ろしいゲームでありました。

つまり、これは、一つの心象世界であり、しかもそこで行なわれるのは、まるで四通りの尚(主人公)へのセラピーにして彼女たちへのセラピーのような物語なのだから―――正しくは、本当にセラピーな物語なのではなく、まるでセラピーな物語のように見える物語(彼の心象世界を通しているのだからそう見えても当然なのである)なのだから、これはもう、ぼくたちがこの作品を語るべき言葉は、実はひとつも残されていないということでもある。極端に言えば、そして実際のところ、これらは尚だけが知っていれば良いだけのことであって、だからボクらには、何も語ることはないのでした。おわり。

ゆるゆり 第5話の感想

yuri05_001.jpgyuri05_002.jpg

NANZOこれwwww

笑った。てゆうか笑うしかない。てゆうかレイプ目が笑えるってあかりんさん。いや、てゆうか、ここまで来ると笑う以外の選択肢がないっす。



ガチの暴力性


このあかりんレイプ目騒動については「ガチの暴力性」というのを改めて思い知りました。そう、ガチは恐ろしいのです。これを見た後に、前半の千歳百合妄想なんかを見てみると、なんともヌルさを感じるんじゃないでしょうか。

yuri05_003.jpg
「妄想」の中では、ふたりは綺麗で、背景とかにもロマンチックな効果が生じているのですけど、現実はぜんぜんそんなことない。


むしろ生臭いくらいなわけです。


yuri05_008.jpg
普段の簡略化された、デフォルメ調の筆致ではなく、リアルな筆致で描かれるくちびるとか、

yuri05_005.jpg
手のリアルな動きでの表現とか、

yuri05_007.jpg
この表情の艶っぽさとか!



リアルに描くことによる圧倒的な現実=生臭さの表現!
やべーよこえーよやっぱガチはこえーよ、ゆるいゆりでいいよー、とか思ってしまいました。

こんなものを見ると、まさに千歳の妄想のゆるさと、それ故の理想=幻想感がよく分かります。妄想の中では(上に挙げたように)キラキラと輝いています。というか、”キラキラと輝いていられる”。現実が持つ暴力性を排除できるので、何処までも理想的でいられるのです。そこには<現実>の恐怖はない。後戻りのできなさも、実際の肉体であるという身体性もない。自由に、奔放に、安全でいられる。

いやもうなんていうか。
それこそ千歳のように、「現実ではないからこそ」な妄想によって愉しんでいたボクのような視聴者にとっては、これはすごく暴力的だったわけです。なんかもうわけわからんくらいに。

まあこの出来事も、来週には何事もなかったかのように流されるor処理される気がするので、それに期待といいますか。いや一悶着あったらそれはそれで面白そうなのですが。



えーと、短いですが今週の感想は終わり。や、丸二日くらい何書こうかずっと悩んでたんですが(悩みすぎw)、なんかもうあまりにもこのアレの衝撃が大きすぎて、もう何書いていいか全然わからない。てゆうか何を書いても実際に作中であったこの衝撃に比べると無意味すぎるなぁと。

しかしまあ、あかりんとちなつは「本当の百合」じゃなくて、「ただキスしただけ(しかも無理矢理)」でしかない、というのは救いなのかなぁと。本当にお互い好きな、心が通じ合ったガチな百合なんて、妄想や幻想の中にしか「まだ」無いんだ、良かったよかった(←意味不)。

一応メモっとくと、ちなつが結衣と「キスとかしたい」って言った時のあかりんの驚きようから察すると、やっぱあかりん、前回の短冊キス騒動をマジで見てなかった(聞いてなかった)のでしょう。人の話を聞かないあかりん。あんだけ4人で一緒にいたにも関わらず”いまだに”ちなつが友達として(だけ)結衣のこと好きだと勘違いしている、なんてのはつまり、話を聞いていなかった(=ちゃんとちなつ達のこと観察してれば誰でも分かるようなことが分からないということは、つまりあかりんは観察してない=話を聞いてないんじゃないか)ということではないか。そもそも今回の騒動だって、(ここまで)ちゃんとちなつを観察していれば「友達として」なんて勘違いを起こすはずがなく、そしてその様な勘違いが生じなければ「キスの練習」なんて騒動が起こることも回避できたかもしれなくて、つまりあかりんの勘違い=話の聞いてなさがこんな事態を招いたという点もあるわけでして、要するに、この辺の不憫さがさすがあかりちゃんだなぁと。ある意味では身から出たさびというか、あかりんはあかりんで在るが故に転がり落ちていくみたいな感じで、なんか個人的には好きなんスけど。

あと櫻子さん。第2話での、  向日葵「負けませんわよ!次期生徒会副会長になるのは、このわたくしですわ」  櫻子「私だって負けないもん。副会長はもちろん、会長にだってなっちゃうんだから。とゆーか向日葵には負けないから」  このやり取りに既にそれっぽさが表れていますが、今回第4話の台詞。  櫻子「向日葵が生徒会入るって言ったから」「だって、向日葵だけ生徒会役員だなんて、負けた気がしてなんかイヤ」  ―――この子はやっぱ、『向日葵に勝つこと』が目的なのだなーと(※自覚的には「勝つ」だけど、潜在的には「一緒にいたい」とかかもしれないけど)。生徒会の存在、生徒会の仕事、それ自体には敬意も誇りも意義も持ってるけど、そうであるという必然性は「向日葵が居る」こと以外には無くて、つまり向日葵が生徒会以外の何かを選んでいれば当たり前のように櫻子もそこに行っていたんだろうなと。そのことに、櫻子は「(向日葵に)負けたくない」という形で自覚しているけど、実際問題は、何処まで・その言葉で・説明できる事柄なんだろう、と。

あかりんはどうして空気・ぼっちなのか、そしてなぜ空気・ぼっちな自分に耐えられるのか

あかりんはどうして空気・ぼっちか


さて稀に見る空気主人公として名を馳せているあかりんさんですが、彼女はどうして「空気」なのか?

ここでいう「空気」とは、これは第1話で散々言われてたような「存在感の無さ」に対してです。居るのか居ないのか分からないくらい存在感が無い。それがあかりんである、というのが本作の(あるいはみんなにとっての)あかりんが実際に置かれているポジション。では何故居るのか居ないのか分からなくなるのかというと、みんなの会話に上手く入れなかったり、みんなの輪に上手く入れてなかったりするからですね(みんなの会話や輪の中に、あかりんの居場所が特にないからと言い換えられる)。さらには百合的な意味での、カップリングみたいな点でも、ここまでに登場しているメインキャラにおいては、あかりんと千歳さんだけが誰とも線が結ばれていません。しかし千歳は、そのカップリングを外から眺める観察者・傍観者のポジションを持っています。つまりあかりんだけ、誰とも結ばれていないし観測者にもなれない=つまり「いらない子」になってしまっているわけです(あくまでポジション上の話)。

さて、そのあかりんの「会話」への入れなさ。故のその空気さ。
この辺、第1話Bパートに如実に表れています。
その第1話Bパート、ちなつが部室に来てから~京子がどっか行って他のみんなが駄菓子屋行くまでの間。ちなつが部室に来て、京子がちなつにウザがられたり、ちなつが結衣に憧れ抱いたりするシーンです。そこのみんなの発言数をまとめるとこうなります。

京子:15
結衣:18
ちなつ:13
あかり:5

圧倒的にあかりんさんの発言数が少ないです。しかもその発言も発言で、ほとんどどうでもいいようなことしか言っていません(それはここのシーンに限った話ではないですけど)。それどころか発言そのものが、たとえばここでの一幕にある、

結衣「(部活を)私らこんなダラダラしてていいのかな」  あかり「でもでも」  京子「(超ナチュラルにあかりんの「でもでも」から続くであろう発言を遮って)私はミラ…ちなつちゃんがいれば」

というシーンに代表されるように、酷いくらい簡単に遮られたりもします。というかあまりにもあかりんの発言遮られ方がナチュラルすぎて、4回くらい見直してやっと気づけたくらいですw

つまり「会話に入れない」ということ。

しかし単純に「会話に入れない」で全部終わりかというとそんなことはなく、むしろ基本的には「会話に入れない」というよりも「会話に入らない」とでも言えるのではないでしょうか。
会話に入らない。
”わざと””あえて”そうしているのか、それとも”自然に””素で”そうなっているのか分かりませんが、あかりんは自分が絡んでない会話に積極的に関わってきません。これこそが空気の原因であり、そして逆に、こうだから空気でも耐えられるのだと言えるではないでしょうか。

たとえば、上にも挙げた第1話Bパートのところですね。
京子がちなつを構いまくってウザがられたり、ちなつが結衣を好き好きになったりするのですが、そこにおいて、この3人はそれぞれのアクションやリアクションを起こし、何らかの言葉を発するのに対し、あかりんは殆ど何も言わないし、殆ど何も行動を起こしません。目の前で京子やちなつや結衣がああだこうだやってるのに、あかりんさんはノーリアクション。てゆうか最早「ロクに見てない」んじゃないかと疑えるレベル。

akarin004.jpgakarin005.jpg
特に、あかりの存在感の無さを京子に指摘される直前あたりのシーンなんかやばいくらいです。京子がちなつに抱きついて、結衣がそれを抑えて、ちなつが結衣に抱きついて、それに京子も抱きついて、3人で取り合いになるようにもみくちゃ、もう大変、みたいなシーンなのに、あかりんは一言も発さずまったくノーリアクション!
そう、ノーリアクションなのです、なんの反応も示さないのです(てゆうかカメラのフレームからも除外されているし、最終的には「いたの?」と言われてしまうのですが)。

これは第3話になるとさらに加速していて。第3話Aパート、結衣が「一人暮らし」している宣言をするまでの部室での会話の発言数をまとめると、

京子:15
結衣:10
ちなつ:6
あかり:2

さらにもう全然喋んなくなります。別に誰も喋ってないわけじゃないです。みんな普段通り色々喋って、京子や結衣やちなつはいつものように色々とキャッキャウフフしているのに、あかりん一人喋らないしキャッキャウフフも出来ない。しかもこの喋った2回の発言、その内容も、 「あららー」 と 「ちょっとー」 という非常に中身のない、相槌としても無くても構わないレベルの事柄でしかありません。

akarin007.jpg
にも関わらず、表情はコレなのです。てゆうか大抵こんな感じの軽い笑顔か、ノーマルな顔ですよね。そんでちょっと口を開いている。会話に加われてないのに寂しい感じとか居たたまれない感じとかをまったく見せず、何も喋ってないのに口をぽかんと開いている。そしてまた大抵が、相手のことをしっかり見るというより、何かよくわかんないけど「正面向いた絵」であることが多いです。

ここら辺が、あかりんが「単に会話に入れないだけ」とは異なる、といった点でしょう。

たとえば、京子・結衣・ちなつのやり取りを見て何か反応したり何か言ったりすれば、会話に入れている。けれど、その「やる」何かや「言う」何かが本当どうでもいいこととか、やったり言ったりするけれど彼女らに相手にされなければ、それは実質的には会話に入れていないと言える。こうなるとぼっち感が増してきますね。みんなが話してて、自分もそこに加わるんだけど、全然相手されてなかったり全然意味ないことしか言えなければ、わたしはここに居ても居なくても同じじゃないかなー、わたしの存在価値あるのかなーと、そのコミュニティに「居るのに居ない」という点でぼっち感が増していきます。
いやむしろ、普通はそうであると言える。普通こういう状況で、自分だけが会話に加われなければ、そこには「自分は居ても居なくてもいいんじゃないか」「自分に存在価値あるのか」という悩みが創出されてもおかしくない。「会話に入れないだけ」ならば、そうなってもおかしくない。ぼっちであること・空気であることに耐えられなくなってもおかしくない。―――しかしあかりんには、ぜんぜん、そういった面がないわけです。

何故ないのか。
それがこの、あかりんが「会話に入れない/会話に入らない」理由にあると思うのです。


あかりんはなぜ空気・ぼっちな自分に耐えられるのか



みんなの会話にノーリアクション(に近い状態)というのは、実はこの子、いい意味で「人の話を聞いていない」のではないかな、と思うのです。ひらたく言うならば「マイペース」

yuri04_003.jpgyuri04_004.jpg
第4話、駅前で短冊見つけたところのシーンなのですが、

「お、短冊だ」
「七夕の季節ですね」

と言ってあかりん以外は足を止めるのですが、あかりんだけどんどん先に進んでいっちゃうのです。そして、 「みんな~。急にいなくならないでよ~」 と言いながら戻ってくる。つまり、みんなが「短冊だ!」と言って立ち止まっていることに、あかりんは気づいていないわけです。(更に言うと、短冊を見て「うわぁ~」という反応をしていることから短冊自体にも気づいていなかったっぽい)

みんなの話を聞いてなくて(聞こえてなくて)、道の直ぐわきにある短冊にも気づかないで、ひとりどんどん進んでいっちゃうあかりん。悪く言えば「注意力が欠けている」とも言えるでしょう。ひらたく言うと「マイペース」でしょうか。

たとえば第1話の一番最初、つまり『ゆるゆり』の一番最初って、実は「あかりんがマイペースである」ことを表すエピソードでもありました。

akarin001.jpgakarin002.jpg
・目覚ましがなる → 止める → そのまま二度寝 → ピンポン×たくさん → おどろく 「……な、なに?!」 → 「えっと、遅刻って…(時計見て)…え、うそーっ!」
・ランドセル背負って中学校行こうとする → 「今日から中学生なの忘れてたー!」

ここに象徴されるように、基本的には非常にマイペース。むしろ、(京子の言葉を受けて行なった)自己紹介で盛大にコケたように、人の意見を聞いて・人の話を聞いてそれに合わせてペースを変えると失敗するんじゃないかというくらい。

そしてマイペースだからこそ「会話に入れない」=空気。たとえばこちらのブログ(http://d.hatena.ne.jp/str017/20110720/p1)の方が書かれていますが、「彼女が周りとのコミュニケーション速度に追いついていない」、つまりマイペースであるからだと思うのです。上に記してきた「会話への入れなさ」、その原因も、このマイペースさに起因しているのではないでしょうか。そしてそうであるからこそ、会話に入れない=空気・ぼっちなのに救われている。


マイペースなあかりん。それはつまり、実はあかりんは人の話を(あんまりちゃんとは)聞いていないのではないか、という風にも考えられます。わざとか、自然とそうなのか、はここではあまり問題ではない(てゆうか多分後者だろうけど)。みんなが短冊の話をしているのを聞いていないで通り過ぎてしまうように、みんながキャッキャウフフしているのに殆ど何の反応も無いのは、実は殆どちゃんとは聞いていないからではないだろうか。
というか、そう考えると結構つじつまが合う。
あかりんは存在感がないとか空気とか、いや最早ぼっち入ってる感じの状態ですが、しかしぼっちにも関わらずこのように明るくやっていけてるのは(=目立ちたいという悩みはあっても、自分がここに居ても居なくても変わらないとか、自分の存在価値は在るのかとか、そういう悩みまでは流石に無縁なのは)、良い意味で人の話を聞いていないからではないだろうか。

yuri04_009.jpg
その直後の、このカットなんかはまさに、「人の話の聞いてなさ」が表れていると思います。
京子がちなつに妄想して、ちなつが結衣に懇願して、結衣がそれに応えちゃって、京子が嫉妬してムキーッとなる。そんなシーン。嬉しさのあまりちなつはピヨってて、京子はなんか怒ってて、結衣が防御姿勢のこのカット。そこにおいてあかりんは一人、後を向いて短冊をいじっているのです。京子たちの会話に絡まない。京子たちのやり取りに加わらない。キスしたり引っ叩いたりと、かなり過激なことが行なわれていて、見ていたなら何らかのリアクションがあっただろう(とらざるを得なかっただろう)場面なのに、あかりんは全くノーリアクション。なぜならこのように、「見てすらいない」から。傍観者という第三者的ポジションで”すらも”ありません。そもそも聞いていないし、見てもいないのだから。

これは極端なシーンでしたが、しかしここまで挙げた箇所も、ある意味ではそういったものであったのではないでしょうか。つまり、良い意味で「人の話を聞いていない」。だからみんなの会話に入れず空気に・ぼっちになるのだし、そしてだからこそ、みんなの会話に入れず空気に・ぼっちになっているにも関わらず、それに「耐えられる」のです。

つまり、ごらく部部室で。道端で。京子と結衣とちなつの3人だけで会話が完結していて、そこにあかりが一ミリも入っていないにも関わらず、その空間に笑顔のままで居れるのは。まったく会話に参加していないにも関わらず、そのこと自体には不安も悩みも無いのは。そもそも(ロクに)話を聞いていないから、なのではないでしょうか。そのマイペースさ故に、ちゃんと・しっかりとは話を聞いていない。だからこそ耐えられる。3人だけで会話が完結していて、自分がスルーされてる空間に何故居れるかというと(何故特段の痛ましさとかを感じないでいられるかというと)、そもそも彼女たちの話を聞いていないからこそ、自分が全スルーされてる空間にも何の気なしに居られるのではないだろうか。つまり、話を(ちゃんとは)聞いていないから、自分が全スルーされていることに気づいていない。もしくは、「わたし居る意味ない」とか「わたしの存在価値は」といった疑問が生じるような、深刻なレベルでは気づいていない。つまり、話を聞いていないから耐えられてるんじゃないかということです。話を聞いていたら、自分が全スルーされてるそのぼっち度に耐えられないかもしれない。しかしそもそも話を聞いていないのであれば、まったく問題は生じないワケです。問題に気づきすらしないのだから。

あかりんはそのマイペースさ故に空気なんだけど、そのマイペースさが空気である自分自身を救っているのではないだろうか、などと思うのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。